toggle
■NEWS
2018-04-23 | ■NEWS

|TAKETA ART CULTURE 2018 テーマ 『 昼 と 夜 』 募集要項

開 催 趣 旨

TAKETA ART CULTUREは「竹田だからできること」をコンセプトに、大分県竹田市城下町エリアで〝芸術文化〟と〝まちあるき〟を楽しむアートプロジェクトです。地域が抱える現状に「文化の掘り起こし」や「アート」といった新しい視点を組み込みながら街や人、地域と向き合います。竹田の新しい文化や 価値を創造していくことを目的としています。地域の歴史や文化など豊かな資源の魅力を活かしたアート作品ほか様々なプログラムを募集します。

竹田アートカルチャー実行委員会

|応募について

参加申込は下記の応募申込フォームにて承ります。

お問合せ

竹田アートカルチャー実行委員会事務局
taketaartculture@gmail.com

Facebook にシェア

2018-04-21 | ■NEWS

掲載情報『平成29年度アーツ・コンソーシアム大分構築計画実績報告書〜クリエイティブな文化と評価〜』

大分県、大分県立芸術文化短期大学、大分県芸術文化スポーツ財団の3者からなる「アーツ・コンソーシアム大分」の、平成29年度実績報告書『平成29年度アーツ・コンソーシアム大分構築計画実績報告書〜クリエイティブな文化と評価〜』に、昨年度平成29年度、竹田アートカルチャー実行委員会が実施した事業について、「混浴温泉世界実行委員会」と一緒に、大分県内におけるアートプロジェクトの評価のあり方検討事例として掲載いただきました。

これは、アーツ・コンソーシアム大分の初年度事業実績となる『平成28年度アーツ・コンソーシアム大分構築計画実績書〜創造県おおいたの推進体制構築に向けて〜』での検証に引き続いての事例紹介で、平成29年度分については、「第5章 TAKETA ART CULTUREの評価」にて、アートプロジェクトの評価の伴走支援をいただいた結果が掲載となっています。

『平成29年度アーツ・コンソーシアム大分構築計画実績報告書〜クリエイティブな文化と評価〜』『平成28年度アーツ・コンソーシアム大分構築計画実績書〜創造県おおいたの推進体制構築に向けて〜』はともに、大分県HPにて情報が掲載となっています。

詳細につきましては、下記URLよりご覧ください。

■大分県「アーツ・コンソーシアム大分について」
http://www.pref.oita.jp/soshiki/10940/artconsortium1.html

Facebook にシェア

2018-04-20 | ■NEWS

雑誌掲載情報『地域創造』『地域人』

この春に発刊された2つの雑誌で、TAKETA ART CULTUREを紹介いただいています。

『地域創造』と『地域人』です。

いずれも昨年2017年10月に開催したTAKETA ART CULTURE 2017を取材撮影等いただき、掲載となりました。

『地域創造 2018 Spring vol.13』(一般財団法人地域創造)では、【特集:地域おこし協力隊の可能性】の中で、「1.新しい人材と地域住民が繋がることでまちの未来図を描く」として、竹田市企画情報課TOP戦略推進室の、地域おこし協力隊をはじめとした移住定住の取り組みと一緒に紹介いただいています。

アートカルチャーに、さまざまなかたちで関わってくださっている、たくさんの方々にご取材いただき、写真をたくさん載せてくださいました。

「芸術の秋」のご多忙のさなか、みなさまありがとうございました。

『地域人 第32号』(大正大学出版会)では、【特集:城が地域づくりの主人公】の中で、「岡城 キリシタン文化再発見 城下町づくりに活かす」として、竹田キリシタン研究所・資料館、竹田市民劇団おごめんと一緒に紹介いただいています。

TAKETA ART CULTUREが、竹田市中心市街地エリアでもある「岡城」旧城下町エリアにて活動をはじめて、2018年で8年めです。

「大分県竹田市」にある「城下町」の文化や地理的特性を生かす、おもしろい企画を、今後も引き続き展開してまいります。

雑誌『地域人』は、購入が可能です。

ぜひ、お買い求め等いただき、お読みくださいますと幸いです。

Facebook にシェア

2018-04-20 | ■NEWS

2017 exhibition

TAC2017|開催概要

ABOUT|TACについて

|TAKETA ART CULTURE 2017 主催事業

▼ デザイナー・猿山修 × 竹田市在住クリエイター 協働プロジェクト

▼ キュレーター・ 花田伸一 × 竹田市在住アーティスト 協働プロジェクト

EXHIBITION

SOFT PROGRAM|ワークショップ

お問合せ

竹田アートカルチャー実行委員会事務局
taketaartculture@gmail.com

Facebook にシェア

[参加者募集:4/13]猿竹工芸商會レクチャー第2回ものづくりから流通まで〜価格と書類作成〜

デザイナー・猿山修×大分県竹田市在住クリエイター協働プロジェクト
「猿竹工芸商會」レクチャー
第2回:ものづくりから流通まで〜価格と書類作成〜

2018年10月の新作発表を目指し、大分県竹田市在住クリエイターとのプロダクト開発のみならず、流通・販売を含めて展開中の、デザイナー・猿山修×竹田市在住クリエイター協働プロジェクト「猿竹工芸商會」。
プロジェクトの一環として、プロジェクトゲストの山本千夏さんを講師に迎えたレクチャーを行います。
第2回は、ものづくりから流通まで、どんな人たちが関わって”展覧会”に至るのか、全体的の流れを掴んだ後、直近の「猿竹工芸商會」の事例から、販売に至るまでに準備する書類の流れと作成についてお話します。
ぜひご参加ください。

■日時:2018年4月13日(金)17:00〜19:00
※終了予定
※講座終了後の19:30(予定)より、別会場にて懇親会を行う予定です。懇親会への参加を希望される方は、申し込みの際に、合わせてお申し込みください。

■会場:御客屋敷(大分県竹田市大字竹田町486-1)
     https://www.taketan.jp/spots/detail/105
※会場専用駐車場のご用意はありません。別途近隣の駐車場をご利用ください。

■参加費:500円

■定員:20名

■参加方法:事前申し込み制、先着順。
必ず下記URLにアクセスし、お申し込みをお願いいたします。
https://goo.gl/forms/lYMmOurUPE1TmGPm1

■内容:
1.ものづくりから流通まで。どんな人たちが関わって展覧会開催に至るのか。
2.価格の仕組みと値段の付け方
3.書類の流れと具体的な書類作成〜直近の猿竹工芸商會の事例から〜

■講師プロフィール:山本千夏(やまもとちなつ)
1980年生まれ。 工芸等を扱うGallery Yamamoto(栃木県野木町)にて企画運営を行う。 猿山修主宰の「ギュメレイアウトスタジオ+さる山」では、広報、企画運営等、幅広く担当。 執筆も行う。

■デザイナー・猿山修×竹田市在住クリエイター協働プロジェクト「猿竹工芸商會」とは
http://www.taketaartculture.com/tac2017_map06/
https://www.facebook.com/sarutakekougeishokai/
2017年9月現在、人口22,000人ほどの大分県竹田市には、市の移住促進策もあり、約40名のクリエイターが移住、作品を生み出しながら暮らしています。ひとつの作品やプロダクトが生み出されるまでに辿るプロセスは、クリエイターにより、それぞれ異なります。2018年秋の新作発表等をはじめとした、デザイナー・猿山修と山本千夏をゲストにスタートする、竹田市在住クリエイターとの協働プロジェクトです。新作制作のみならず、流通・販売を含めたプロジェクト、多くの方々と進めていきたく考えています。

□参加クリエイター:井上愛仁(ガラス作家/吹きガラス工房「Magma Glass Studio」主宰)、小河眞平(革作家/「paisano」主宰)、豊田豪史(木工芸作家/「木暮らし舎」主宰)、西村和宏(「WIRES」主宰)、中西美香(陶芸家/「月函」店主)、中村秀利(「WARAUHANA」店主)

■今後のレクチャー予定
現時点の予定です。変更の可能性があります。ご参考ください;
7月:ラッピング/ディスプレイ
10月:企画展をイチからつくる。

□会場協力:株式会社ECOW

□プロジェクトディレクション:Olectronica[オレクトロニカ]

□主催:猿竹工芸商會(TAKETA ART CULTURE / 竹田アートカルチャー実行委員会)
    www.taketaartculture.com

Facebook にシェア

[report:2018/1/31-2/2]デザイナー・猿山修さん、山本千夏さん来竹[竹田市在住クリエイターとの協働プロジェクト]

デザイナー・猿山修さんと竹田市在住クリエイターとの協働プロジェクト「猿竹工芸商會」。

■デザイナー・猿山修×竹田市在住クリエイター協働プロジェクト「猿竹工芸商會」
 http://www.taketaartculture.com/tac2017_map06/

今年2018年10月の新作発表に向けて、2018年1月31日から2月2日まで、猿山修さんと山本千夏さんが竹田に滞在、参加クリエイターが制作した試作品に対するアドバイス等をしました。

2018年1月31日

参加クリエイターの拠点を訪問し、試作品に対してアドバイス等を行う1-2月の滞在。

最初の訪問拠点は、「WARAUHANA」中村秀利さんです。

次に向かったのは、モビールを制作中の、西村和宏さんの「へそラボ」へ。

「さる山」で揺れているモビールをベースに、プロダクトとして生み出します。

実際に組み立ててみたり・・・

2018年2月1日

雪が舞い降りる中、「月函」へ。

節分にちなんだ和菓子が、「月函」を主宰する陶芸家・中西美香さんのうつわに載って。
あたたかなお迎えをいただいてスタートしました。

図面を見ながら、細かな部分の確認をします。

2箇所めは、革作家の”paisano”小河眞平さんのアトリエがあるTSG竹田総合学院へ。

TSG竹田総合学院を後にして、3箇所めは、「木暮らし舎」豊田豪史さんのアトリエがある城原エリアへ。

町中から離れた場所なのもあり、アトリエ周辺は真っ白な雪景色!

この日のアトリエ訪問はここまで。

夕方以降は、山本千夏さんによるミニレクチャー「猿竹工芸商會ミニレクチャー第1回モノを売るとは」を初開催しました。

会場の「たけたから」の内装デザインには、本プロジェクトディレクションをつとめるOlectronica[オレクトロニカ]も参画しています。

多くのみなさまのご来場、ありがとうございました。

ミニレクチャーの後は、近くの別会場で懇親会を開催し、2日めを終了しました。

2018年2月2日

最後の訪問アトリエとなる、久住高原エリアにある「吹きガラス工房 Magma Glass Studio」へ。

工房からは、雪景色が広がります。

試作品をみながら、工房を主宰する井上愛仁さんと、細部の確認をします。

実際に作っていただきました。

Facebook にシェア

[report:2018/01/26-28]キュレーター・花田伸一さん来竹【竹田市在住アーティスト協働プロジェクト】

昨年から今年にかけての冬は、とりわけ寒い冬でしたね。

2018年1月26日〜28日で、キュレーター・花田伸一さんが来竹、参加アーティスト全員参加のミーティングを行ったり、作品展開会場候補となる場所のロケハン等を行いました。

■キュレーター・花田伸一×竹田市在住アーティスト協働プロジェクト
 http://www.taketaartculture.com/tac2017_map07-2/

2018年1月26日

1月の来竹で、まず行ったのが、参加アーティスト全員参加のミーティングです。

ミーティングに集中できるよう、エアコン環境が整っている、まちづくりたけた株式会社”アグル”会議室をお借りしました。

参加アーティストから、当時時点の作品”ドリーム”プランを発表し意見交換、花田さんから「昼と夜」というテーマが提示されました。

2018年1月27日

翌日午前中からTSG竹田総合学院では「TAKETAものづくり塾」(主催:竹田市)が開催されていたので、視察参加しました。

終了後は、「TAKETAものづくり塾」ゲストと一緒に、TSGにアトリエをかまえる作家さんたちのアトリエを見学しました。

竹作家の中山秀斗さんのアトリエを訪れました。

お昼ごはんは、参加アーティストの森貴也さんや、大分県芸術文化スポーツ振興財団アーツラボラトリー室長の三浦宏樹さんと一緒に、城下町エリアにある”さふらんごはん”で。

いただきます!

この日の小鉢はこんな感じでした。

“さふらんごはん”では、竹田の地元の食材を使ったお料理を楽しむことができます。

お母さんが作ることができるものは、全て手づくり!

ごはんは、竹田が全国シェア8割超となるサフランで、真っ黄色です。

お昼ごはんを食べたあとは、城原神社周辺へ。

秋の会期中に、城原神社の大祭が行われます。

城原エリアを後にし、ごとう姫だるま工房へ。

姫だるまのことなどなど、工房のお父さんからお話を伺いました。

城下町エリアに戻って、作品展開候補地のロケハンスタートです。

但馬屋老舗本店となりの、秋山巌美術館。

アートスペースとして、作品展示が行われているほか、音楽ホールとしても活用されています。

と思ったら、早速、スペースに置いてあったピアノを弾きはじめる花田さん・・・

同じく、作品展示会場や音楽ホールとして活用されているアートスペース、アラヤサーラへ。

瀧廉太郎記念館近く、”廉太郎トンネル”となりにあります。

2018年1月28日

「galley傾く家」の近くにある光西寺の副住職、相良義和さんにお時間を頂戴し、お話しました。

アートカルチャーの発起人で、参加アーティストでもあるOletctornica[オレクトロニカ]が、竹田に移住して間もない時期に制作した象がありました。

お寺でもピアノを見つけて、もちろん・・・

光西寺近くの十六羅漢や、国指定重要文化財の愛染堂を訪れ・・・

江戸時代、岡藩を治めた中川氏の墓地が併設している「おたまや公園」を訪れ、1月の花田さん竹田滞在は終了しました。

Facebook にシェア

[参加者募集:2/1]猿竹工芸商会ミニレクチャー 第一回:「モノを売るとは」ギャラリー業の考え方と実際の流れ

デザイナー・猿山修×竹田市在住クリエイター協働プロジェクト
「猿竹工芸商会」ミニレクチャー
第一回:「モノを売るとは」ギャラリー業の考え方と実際の流れ

2018年10月の新作発表を目指し、竹田市在住クリエイターとのプロダクト開発のみならず、流通・販売を含めて展開中の、デザイナー猿山修×竹田市在住クリエイター協働プロジェクト「猿竹工芸商会」。
プロジェクトの一環として、ゲストの山本千夏さんを講師に迎えたミニレクチャーを行うことにしました。
テーマは「モノを売ること」。「考え方」と「実務」について、参加のみなさまとコミュニケーションを図りながらの実施を考えています。
ぜひご参加ください。

第一回:「モノを売るとは」ギャラリー業の考え方と実際の流れ

日時:2018年2月1日(木)17:30-18:30 ※終了予定
会場:たけたから(大分県竹田市大字竹田町233-1)
参加費:500円
参加方法:e-mail( taketaartculture@gmail.com )で、【お名前/お名前(ふりがな)/e-mailアドレス/昼間繋がる電話番号(携帯電番号等)】をお知らせください。

■講師プロフィール:山本千夏(やまもとちなつ)
1980年生まれ。 工芸等を扱うGallery Yamamoto(栃木県野木町)にて企画運営を行う。 猿山修主宰の「ギュメレイアウトスタジオ+さる山」では、広報、企画運営等、幅広く担当。 執筆も行う。

■デザイナー・猿山修×竹田市在住クリエイター協働プロジェクト「猿竹工芸商会」とは
http://www.taketaartculture.com/tac2017_map06/
2017年9月現在、人口22,000人ほどの大分県竹田市には、市の移住促進策もあり、約40名のクリエイターが移住、作品を生み出しながら暮らしています。ひとつの作品やプロダクトが生み出されるまでに辿るプロセスは、クリエイターにより、それぞれ異なります。2018年秋の新作発表等をはじめとした、デザイナー・猿山修と山本千夏をゲストにスタートする、竹田市在住クリエイターとの協働プロジェクトです。新作制作のみならず、流通・販売を含めたプロジェクト、多くの方々と進めていきたく考えています。

□参加クリエイター:井上愛仁(ガラス作家/ガラス工房「Magma Glass Studio」主宰)、小河眞平(革作家/「paisano」主宰)、豊田豪史(木工芸作家/「木暮らし舎」主宰)、西村和宏(「WIRES」主宰)、中西美香(陶芸家/「月函」店主)、中村秀利(「WARAUHANA」店主)

■今後のミニレクチャーの予定
参加のみなさまとのやりとり等により、変更の可能性があります。
ご参考ください;
4月:契約書、請求書、在庫管理/商品管理の仕方など
7月:ラッピング/ディスプレイ
10月:企画展をイチからつくる。

□プロジェクトディレクション:Olectronica[オレクトロニカ]

□主催:竹田アートカルチャー実行委員会
   www.taketaartculture.com

Facebook にシェア

2017-12-06 | ■NEWS, 読み物

[report]アレックス・カーとめぐる城下町竹田アートツアー【番外】[10/14・15開催]

TAKETA ART CULTURE 2017会期中の、10/14(土)と15(日)の午後それぞれ、「アレックス・カーとめぐる城下町竹田アートツアー」を開催しました。
レポートを、【】【】【】【番外】の4本立てで、お届けします。
本ページは最終4本め、【番外】です。

今回のツアーは、「TAKETA ART CULTURE 2017をアレックス・カーさんの視点でめぐる」というのが大きなテーマでした。
アートや日本文化、おもてなしに精通しているアレックスさんが、これだけで満足するわけがありません。

ディナーは、アレックスさんの監修。
場所選びからメニューまで、事前の視察を経て考案していただきました。
会場は、「岡藩の迎賓館」として使用されてきた御客屋敷。

内装のしつらえも、通常とは異なり、アレックスさんのこだわりが反映されています。

例えば、料理を出す机は、竹田市在住の書家で、ディナータイムのアレックスさんとのコラボレーターでもある草刈淳さんのアイデアを生かし、素材感あふれる木を使用。
灯もなるべく暗くし、竹田らしい風情や音を感じられるように。

お料理は、「割烹一竹」による、竹田素材をふんだんに用いた郷土料理。
しつらえに割烹一竹の料理長も興奮され、一生懸命に盛り付けしてくださいました。

いよいよ宴の始まり。
アレックスさん渾身のふるまいに、参加者のみなさんも目を輝かせていました。
竹田の地ビールでの乾杯の後、アレックスさんを囲んでの賑やかな夕食。
ツアーの感想や、ツアーに参加した動機、アレックスさんへの想い・・・。
そして自然と各自が自己紹介をする流れになり、一体感のある素敵な宴となりました。

そんな夢のような時間もクライマックス。
アレックスさんがおもむろに立ち上がり、部屋の奥に設けられた小スペースへ移動。
書家・草刈淳さんと一緒に、書道パフォーマンスを披露する時がきました。

2人が掛け合いをしながら、気が済むまでアレックスさんが書くという趣向。
「お酒が進むと書も進みます」と、ワイングラスをそばに置き、次々と書き上げるアレックスさんの姿に参加者みな飲まれていました。

アートを愛し、日本文化を愛し、そして周りを楽しませるために渾身のパフォーマンスを見せてくださったアレックス・カーさんに、今あらためて、御礼申し上げます。

※【】【】【】も、是非お楽しみください。

文:藪内成基
写真:藪内成基、山下歩、吉峰拡、堀場さくら

「アレックス・カーとめぐる城下町竹田アートツアー」開催概要

[参加者募集:10/14・15]アレックス・カーとめぐる城下町竹田アートツアー

田能村竹田や瀧廉太郎を輩出した大分県竹田市には、今なお、偉大な先人の感性を育んだ豊かな自然と城下町の風情が残されています。
昨今は、多くの工芸家や芸術家が移住し、新たな創造の場が形成されています。
2011年秋の初開催から毎年展開し、今年で7年めとなる「TAKETA ART CULTURE [TAC]」には、市内外の作家が一堂に介し、城下町エリア各所にてさまざまな企画が催され、多くの来場者が訪れています。
今回は、竹田市の歴史・文化やまちづくりの現場にも造詣の深いアレックス・カー氏をガイドに招き、城下町とアートをともに楽しむ”まちあるき”アートツアーを実施しました。

[開催日]2017年10月14日(土)・15日(日) ※TAKETA ART CULTURE 2017会期中

[タイムスケジュール]
13:00 JR豊後竹田駅集合
15:00 休憩
18:00 ディナー ※アレックス・カー氏による書道パフォーマンス有り
20:00 現地解散

[アレックス・カー プロフィール] 1952年生まれ。イエール大学で日本学を専攻。東洋文化研究家、作家。
1971年に四国の東祖谷山村に茅葺きの古民家を購入。現在は京都・亀岡の矢田天満宮境内に移築された400年前の尼寺を改修して住居とし、そこを拠点に、日本各地をまわり、昔の美しさが残る日本各地の景観を観光に役立てるためのプロデュースを行っている。
著書に『美しき日本の残像』(新潮社)、『犬と鬼』(講談社)、『「日本ブランド」で行こう』(ウェイツ)など。

[主催] 竹田アートカルチャー実行委員会

Facebook にシェア

1 2 3 4 5 6 8