toggle

宮城壮一郎|漆工展

宮城壮一郎 漆工展

制作する土地とは別の地で育った木を宮崎で削り、別の地で育った漆を塗り、 研磨する。制作しながら少しづつ宮崎の地で呼吸していく。
そして、 制作されたところから別な土地に行くことで生まれる緊張感や違和感を、 少しづつその土地の空気に触れることで呼吸し、順応し共生する。 「竹田に行く」とはそういうことである。

object「still」は、

「equipment」装備する
「infill」すき間を埋める
「singularity」特異

の3つで構成されていて、
飫肥杉の丸太を削りだし、割れているところを漆で埋めて
武装化していくことで特異性を持たせる。

今回の展示では、 object「still」を中心に、器も含め 100 〜150 点を展示予定です。

【会場】WARAUHANAとなり
【住所】大分県竹田市竹田502
【企画コーディネート等】オレクトロニカ[Olectronica] 【お問合せ】電話:080-3966-6208 E-mail:kodamajunpei@gmail.com(児玉)
【日時】2017年10月14日(土) , 15日(日)  , 21日(土) , 22日(日) , 28日(土) , 29日(日) 11:00 - 17:00  *作家在廊予定日:会期中全日
【URL】http://3846.jp
【料金】入場無料

|宮城 壮一郎 Miyashiro Soichiro

沖縄、香川、漆産地で修行の後、宮崎にて独立
2009年に「塗匠 漆工藝宮城壮一郎」設立
2010年に「伝統美術意匠家集団CRAFTJUNKIEZ」設立
2013年に「GALLERY INDIVIDUAL」設立
個展・注文制作を軸に漆工芸品を制作、漆工品修理、
文化財修理・修復、特殊漆塗、店舗内外装特殊漆塗を行う。
国内外の美術館、ギャラリーにて展示。