toggle

|TSG小茶会 2016年晩秋

TSG 小茶会 2016 年晩秋

\"img_1758\"
大分県竹田市では、今でも色濃くお茶の文化が暮らしに根付いています。商店等での「来客があるとお茶でおもてなしをする」日常の喫茶の風景に加えて、茶道も市民の多くがたしなんでいます。竹田市城下町にある現・旧竹田荘を拠点に制作活動をしていた画聖・田能村竹田は煎茶をたしなんでいたといいます。現在竹田市には、市の移住定住政策もあり、多くの「つくり手」たちが移り住み、竹田市を拠点に制作活動を行っています。市が運営するTSG 竹田総合学院は、中心的な施設のひとつと言えるでしょう。「TSG 小茶会」は、TSG 竹田総合学院を拠点に制作活動を展開する「つくり手」たちを中心に、「つくり手」たちがつくった茶道具をお茶席に取り込みつつ、「つくり手」たちが茶会を開きます。1日だけの特別なお茶会を是非お楽しみください。
【TSG 小茶会メンバー】 中臣一、甲斐哲哉、沈露露、森貴也、山田俊吾、中山秀斗、阿部麻海、上岡高行、山本哲也

お茶席亭主

煎茶席:中臣 一

お抹茶席:中山秀斗、阿部麻海

中国茶席:沈露露

無勝手席:甲斐哲哉

【会場】旧竹田荘
【住所】大分県竹田市竹田殿町
【共同主催】TSG 小茶会
【お問合せ】taketaartculture@gmail.com(TAC事務局)
【日時】2016年11月27日(日)
【タイムスケジュール】
11:00 ~ 12:00/お茶席午前の部
14:00 ~ 15:00/お茶席午後の部
15:00 ~ 16:00/一般公開
【料金】700円(一人一席代&旧竹田荘入場料含む)
【定員】40名(各席5名・午前or午後)
※事前予約制(先着順〆切)です。

TSG竹田総合学院について

2014.4.17 Open 旧竹田中学校舎を活用し、TSG(竹田総合学院)プロジェクトがスタートしました。 TSGでは、工房の提供や作家の起業支援により、伝統産業の復興及び文化・芸術振興に取り組んでいます。 市民と創作が接点を結ぶ場としてアートホール&ギャラリーが併設され、芸術によって形作られた空間に身を置くことで生まれるつながり・広がりを体感して頂きます。

服装・作法について

□ TSG作家による「アートお茶会」です。平服でお越しいただいてもかまいません。
□ 暖房器具が十分でない可能性があります。会場は田能村竹田が暮らしていた住居を復刻した場所です。寒さ対策を万全に、暖かい格好でお越しください。
□ 旧竹田荘への階段が苔むしていたりするなど滑る可能性がある箇所があります。歩きやすい格好でお越しください。

茶会中の撮影について

□ 11:00~12:00/14:00~15:00の茶会の様子の写真撮影につきましては主催者および関係者以外は禁止とさせていただきます。