toggle
2016-10-12

参加者募集開始!ガラスと竹のワークショップ【11/19-20:TAC2016】

スライドショーには JavaScript が必要です。

毎年、好評を博している竹田市在住作家によるワークショップ。

今年は竹田市久住エリアにある吹きガラス工房Magma Glass Studioと共同で開催します。

ガラスと竹。全く異なる素材のように見えますが、竹にはガラス質の繊維があり、実は似た部分もあるようです。

ガラスのワークショップは、Magma Glass Studioによる「葉影がゆれる、ガラスの灯籠づくり」。

竹のワークショップでは、2014年に竹田アートカルチャーで初めて行われて以来、毎年人気の、竹作家・岩田淳子さんによる工房 筍小さな竹バスケットづくり」と、竹藝家・中臣一さんのワークショップがバージョンアップして新登場!「大竹玉ペンダントづくり」を行います。

同日夕刻より行われる「たけた竹灯籠 竹楽(ちくらく)」(主催:NPO法人里山保全竹活用百人会、竹田市)と併せて、竹田に暮らしながら制作をする作家さんとの時間をお楽しみください。

 

会場:但馬屋老舗新屋アラヤサーラ(大分県竹田市大字竹田町440)

会場はいずれも「廉太郎トンネル」そばの「但馬屋老舗新屋アラヤサーラ」です。

「廉太郎トンネル」をくぐれば「瀧廉太郎記念館」もすぐそこです。瀧廉太郎が暮らした場所を記念館とした同施設は、瀧廉太郎が暮らしていた当時の「音の風景:サウンドスケープ」を再現しています。是非ワークショップと一緒にまちあるきをゆっくりお楽しみください。

ご留意願います:ワークショップ当日の駐車場について

同日夜間に開催される「たけた竹灯籠 竹楽(ちくらく)」(主催:NPO法人里山保全竹活用百人会、竹田市)に合わせて、午後から会場周辺エリアで車両の通行規制が行われ、各所通行止めとなります。そのためワークショップ開催日の駐車場は「竹田市役所(竹田市大字会々1650番地)」もしくは「竹田市総合運動公園(竹田市大字竹田 1320番地)」をご利用ください。駐車場から会場までは徒歩20分ほどです。ご足労をおかけすること誠に恐縮ですが、何卒事前ご理解ご了承のほどお願いいたします。

 

Magma Glass Studio「葉影がゆれる、ガラスの灯籠づくり」

ステンドグラスの技法で組み上げるガラスには、竹田の植物や竹が写し彫られています。

ワークショップが開催される日の夜に行われる「たけた竹灯籠 竹楽(ちくらく)」の風景に溶け込むような、静かにゆれる灯りを作りましょう。

 

日時:2016年11月19日(土) 、 20日(日)

A.13:00~15:00/B.15:30~17:30

料金:4,000円

定員:各回10名(事前予約制/先着順)

対象年齢:中学生以上

参加申込方法:電話(定休日:毎週火曜日)とメールで受け付けます。下記「お問合せ」に記載の電話番号とメールアドレスに、お名前とご希望の日時、人数をお知らせください。メールの場合、件名は「ガラスのワークショップ申込み」にてお願いします。

お問合せ:Magma Glass Studio

Tel:0974-76-1878

E-mail:studio@magma-g.com

URL:http://magma-g.com

定休日:毎週火曜日

 

[ワークショップ作家紹介]松井知恵美 Matsui chiemi

img_2259

1981年 群馬県みどり市生まれ。大分県竹田市在住。

2005年 多摩美術大学工芸学科ガラスプログラム卒業

2007年 富山ガラス造形研究所卒業

ステンドグラス制作会社、ウェディング映像制作会社、デザイン系専門学校の非常勤講師を経て、2015年6月より地域おこし協力隊として大分県竹田市に移住。

Magma Glass Studioにてガラス制作を再開する。

 

工房筍「小さな竹バスケットづくり」

dcim1371

TAKETA ART CULTURE 2015でのワークショップのようす

以前は「豆腐かご」として日常的に使われていた可愛いらしい竹のバスケット。時間をかけて作る、少し本格的なワークショップですが、竹作家の工房 筍・岩田淳子さんが丁寧に教えてくれます。但馬屋老舗でのランチもお楽しみください。

日時:2016年11月19日(土)10:00~16:00

料金:7,500円 ※但馬屋老舗茶房だんだんでの「栗おこわ」ランチ込

定員:5名(事前予約制/先着順)

参加申込方法:下記「お問合せ」に記載のメールアドレスに、お名前とご希望の日時、人数をお知らせください。件名は「竹バスケットづくりワークショップ申込み」にてお願いします。

お問合せ:工房 筍 koubou.takenoko@gmail.com

 

[ワークショップ作家紹介]岩田淳子 Iwata Junko

dcim1458

1971年長野県塩尻市生まれ。大分県竹田市在住。竹かご屋

2011年3月 大分県竹工芸・訓練支援センター竹工芸科修了。

2012年3月 3月大分県竹工芸・訓練支援センター中堅技術者養成指導修了。

2012年4月 工房 筍として活動開始。

2013年12月 制作拠点を大分県竹田市、TSG竹田総合学院(旧竹田中学校)に移す。

[出展イベント] クラフトフェア松本 (2012、2013年) 日本のかご展 ギャラリーfeve(2013~2016年)、各地にてワークショップ開催。

>>>工房筍

https://ja-jp.facebook.com/koubou.takenoko

 

 

中臣一「大竹玉ペンダントづくり」

14572031_603602649764814_780609911_o

竹藝家・中臣一さんによるワークショップ。竹を細かく編み、オブジェのようなペンダントを作ります。いつもの竹玉の倍の材料で「大きな」玉を作ってみましょう。

日時:2016年11月20日(日)

A.13:00~15:00/B.15:30~17:30

料金:4,000円

定員:各回10名(事前予約制/先着順)

参加申込方法:下記「お問合せ」に記載のメールアドレスに、お名前人数をお知らせください。件名は「竹玉ペンダントづくりワークショップ申込み」にてお願いします。

お問合せ:bamboo@h-nakatomi.com

 

[ワークショップ作家紹介]中臣一 Nakatomi Hajime

1974年大阪府和泉市生まれ。大分県竹田市在住。竹藝家。

2000年-2002年 大分県竹工芸・訓練支援センターにて竹工芸の基礎を学ぶ

2002年-2005年 竹芸家 本田聖流氏に師事

2006年 『Beyond Basketry : Japanese Bamboo Art』(ボストン美術館/アメリカ)出品

2007年 『The Next Generation』(サンフランシスコアジア美術館/アメリカ)出品

2013年 『REVALUE NIPPON PROJECT』にて中田英寿氏、森田恭通氏とバンブーシャンデリアを制作

【URL】www.h-nakatomi.com

 

h280610_main3

Facebook にシェア

関連記事